この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

毎日頭痛が起こっている

慢性的な頭痛が起こる

1か月に数回程度の頭痛なら、まだ様子を見ても良いでしょう。
しかし頻度が増えて、毎日頭痛を感じるようになったら明らかにおかしいです。
身体に異常が起こっていることが考えられるので、病院で詳しい検査を受けてください。
また普段は頭痛が起こったら、市販薬を飲んで対応している人も見られます。
しかし頭痛がひどくなったり、病気が関係したりすると市販薬が効果を発揮できなくなってしまいます。

その頃になったら、病気を疑って医師に相談しましょう。
診察を受ける際は、普段頭痛が起こった時にどのような市販薬を飲んでいたのか伝えてください。
例え軽度の頭痛でも頻繁に起こったり、市販薬が効かなかったりする場合は危険性が高いと判断できます。

医師に伝えるべきこと

病院へ行くと、医師にどのような頭痛が起こっているのか聞かれます。
その時にうまく説明できないと医師も理解できないので、判断が遅れたり間違ったりするので気を付けてください。
いつから症状が見られるのか、どのように痛いのか具体的に伝えましょう。
医師にすぐ伝えられるように、症状が起こった日をメモしておくのが良い方法です。

頭痛に悩んでいる時は頭が回らないかもしれませんが、メモを見ながらだったらしっかり伝えられるはずです。
症状の起きた時間やどのように痛むのか、詳しく書くことを習慣にしましょう。
また経験と知識を豊富に持っている医師に診断を任せることも重要なので、前もって医師の情報も調べることをおすすめします。